Amazon活用術

FireHDタブレットがアレクサ対応に!Echo showとの比較は?必要ない?

 

Fire HD 10タブレットにアレクサ機能がつきました。これによって、Echoのスクリーンを使ったタイプである「Echo Show」や「Echo Spot」といったデバイスが必要なくなってしまうのではないかと危惧しております。欲しいと思ったけど、実際にFireHDとEchoShowのどっちを買った方が良いのかを解説してみました。

FireHD10タブレットがAlexa対応となった

FireHD10がAlexaに対応しました。これによって、Alexaの機能が使えるようになっております。

タブレットでありながら、Echoの様に、音声で呼びかけや、音声で指示ができるようになっております。いろいろな情報を取得するために、わざわざタッチして操作する必要もありません。すごく便利になりますよね。

 

Fire HD10の基本性能

項目 内容
価格 ¥ 15,980
ディスプレイサイズ 10.1インチ HD
解像度 1920 x 1200 (224ppi)
カラー ブラック
プロセッサ 1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア
コンテンツ 数千万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど
オーディオ Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカーマイク
Alexa搭載 Alexa搭載。ハンズフリーでAlexaをお楽しみいただけます
ストレージ 32/64GB
microSDカードスロット あり
256GBまで対応
カメラ フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n/ac
バッテリー 10時間
サイズ 262 x 159 x 9.8mm
重量 500g
カスタマーサポート メール、チャット、電話、スクリーンシェア

注目ポイント

  • 10.1インチ高解像度
  • 1.8GHzの高速クアッドコア
  • SDカード拡張で容量を気にしなくてよい
  • 高コスパ

 

Echo Show代わりに使える?

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01J6RPOJY?ref_=nav_em_T1_0_4_6_3__k_HD10

注目すべきは、Echo代わりに使える2つのモードの存在!

タブレットである「Fire HD 10」はスリーブモードなどで、自動的にオフ状態になります。節電できますからね。だけど、Echoの代わりに使おうと思ったときに、スリープする仕様であったら、音声で反応しなくて困るという事になりませんか?

これを解決してくれるのが

  1. Alexaハンズフリーモード
  2. Showモード

Alexaハンズフリーモードでは、スリープ状態にあっても、音声操作が可能になります。常に、「アレクサ」と呼びかけると反応してくれる機能です。AlexaハンズフリーモードはAlexaアプリでも利用することができるため、気になる人は一度試してみるのもよいでしょう。

 

Showモードは、画面に触れることなくAlexaを呼び出せるハンズフリーモードと、画面上に常にトレンドやニュース、その他必要な情報が表示されるようになります。画面を使って楽しむEcho Showと同じ状態になります。これによって、スクリーン用のスキルを使って楽しむこともできますし、色々な情報取得もできます。

Showモードの存在で、Echoの代わりになる!

 

Echo代わりに使う為に必要なアイテムとは?

Fire HD 10をそのままではEchoの代わりに使う事はできません。

何故なら「立てて固定できないから」

さて、そこで重要となってくるのが、各種アクセサリの存在。

用意したいアクセサリ

  • タブレットを立てて操作できるアクセサリ
  • Bluetooth接続ができるスピーカー

必須なのが、タブレットを立てて操作できるアクセサリ。純正のケースであれば、立てて操作も可能となります。

角度調整が上手にできるのがポイント

 

続いて、スピーカーの存在。Echoの代わりに使うなら、音の良さというのも一つ重要な問題だと思います。すでに持っている方も多いので、持っている場合はそのまま利用すればよいですが、ない場合は買い揃えて損はありません。

created by Rinker
Anker
¥4,999 (2019/11/16 08:04:59時点 Amazon調べ-詳細)

迫力あるパワフルサウンド、ベストセラー商品

 

Echo Showとの価格差ついて

Fire HD 10:15980円

Echo Show:27980円

価格差は、12000円です。

今回紹介したアイテムを購入して、タブレットに加えると、22177円。

価格差は5803円です。

もちろん、タイムセールで割引が効きやすい商品たちなので、タイムセール開催中に購入するのが一番安く上がります。さらに、ポイントをうまく貯めるともっと効果的ですね。

詳しくはコチラ

 

タブレットとしても使えるメリット

EchoShowとの違いは、タブレットとして使えるという点。

据え置きタイプのEcho代わりとして、使う事もできるし、さらに、タブレットとしても使う事ができます。

このことで、普段のEchoShowとは異なった楽しみ方ができます。

ポイント

  • 外出先で楽しむことが出来る
  • 動画を楽しむ
  • 本を読むことが出来る
  • ネット検索ができる

主なタブレットの使い方ができます。これによって、普段はEchoの代わりとして、Alexa専属デバイスとして置き型で使う。必要な時に、タブレットの代わりとして、持ちながら利用するという二つの使い方ができるところがメリットです。

タブレットしての性能は、少し物足りないかもしれません。(高価なタブレットには負けるので)

口コミを見てみる

 

まとめ

Fire HD 10タブレットは、EchoShowの代わりとして使う事ができます。

Showモードという機能を使えば、EchoShowそっくりそのままの状態で利用可能となります。ただし、縦置きで利用するためのアクセサリや音楽再生のためのスピーカーなど物足りない部分も多少あります。それでも、EchoShowを買うより、タブレットとしても利用可能なFire HD 10をうまく活用した方が、使い勝手が良いでしょう。

 

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-Amazon活用術
-, , , , ,

Copyright© じりさんブログ , 2019 All Rights Reserved.