Amazon活用術 ライフスタイル

【Amazfit Neo】はレトロなスマートウォッチで機能満載、使い勝手や評判のまとめ

チープカシオにとっても似ていると評判なのが【Amazfit Neo】

チープカシオとは見た目が似ているけども、スマートウォッチというのが【Amazfit Neo】なんです。

チープカシオの良さと、スマートウォッチの良さを兼ね揃えた時計が【Amazfit Neo】なのです。使い勝手や機能についてレビューをしていきます。

チープカシオと似ている【Amazfit Neo】

チープカシオの魅力はなんといってもデザイン性の高さです。

チープに見えないおしゃれさや、シンプルさやスポーティーさがあり、レトロでありつつも、人気のアイテムです。

価格もお手頃で、3000円~5000円程度で購入できます。

そして、そのチープカシオにとても似ているスマートウォッチが【Amazfit Neo】なのです。

安い価格帯のスマートウォッチを付けたいけど、やっぱり安っぽい見た目の物は困る。機能は充実していて欲しいといった要望に応えるスマートウォッチなのです。

じりーさん
Appleウォッチみたいなタイプは安いものだと質感が悪くてすぐばれてしまいます。

ポイント

  • 安いスマートウォッチを探している
  • 見た目にこだわる
  • スマートウォッチの機能も欲しい
  • シンプルな時計が欲しい

 

【Amazfit Neo】の基本的な機能のまとめ

Amazfit Neoの特徴をまとめてみました。

基本性能について

  • 1.2インチSTNモノクロディスプレイ
  • バッテリー28日駆動
  • 加速度センサー、生体追跡光学心拍センサー
  • 5ATM防水
  • 4つボタン
  • 常時点灯ディスプレイ

基本性能は申し分なしのセンサー類充実+防水性能が高い。バッテリーが通常使用で28日持つという事で、ガンガン使っても1週間に1度充電すればオッケーくらいなので、Appleウォッチと違って毎日充電する必要がなくなります。

バッテリー持ちの良さはスマートウォッチを使う時に重要視して欲しいポイントですね。なんせ、睡眠トラッカーを利用することを前提にしたときは、寝ているときも着けっぱなしになるので、充電するタイミングが難しくなります。

じりーさん
防水性能が高いのでシャワーも大丈夫だし、24時間常に着けていられます。

 

さらに、注目してもらいたいのが

常時点灯ディスプレイ!

これ、実はスマートウォッチを持っている人の中では、ないと困る・不満だって人が多い機能なのです。スマートウォッチが嫌で普通の時計がいいって人の理由が常時点灯がない点だったりもします。

通常のスマートウォッチだと、傾けるとディスプレイがオンになって、時計を見ることができるのですが、傾けても反応しなかったり、点灯がコンマ数秒遅かったりしてストレスが溜まる要因でもあります。

常時点灯であれば、

傾ける必要もないので、常に時計を確認することができます。

じりーさん
あるとないでは断然違う、常時点灯に慣れると普通のスマートウォッチには戻れません

 

Amazfit Neoの特徴、できることのまとめ

続いて、Amazfit Neoでできることをまとめてみました。

ポイント

  • 運動管理(歩数やカロリー)
  • 睡眠モニタリング
  • 心拍数モニタリング
  • 健康診断システム「PAI」
  • 着信通知

通常のスマートウォッチで使用する機能は十分備えている印象。

運動の管理は歩数計カロリー計算だけでなく、どれくらい運動しているかを記録して確認できます。また、睡眠レベルを自動で計測してくれたり、心拍数を記録してくれたりして、自分の健康状況を確認できる「PAI」というシステムを使う事ができます。日常の運動指数や活動レベルを数値化して見やすく、直感的に分かる優れものです。

また、着信通知機能は絶対に必須。安いスマートウォッチには通知機能がない事があるので、絶対活用する機能なので、要確認です。

じりーさん
通常の運動管理+通知機能で欲しい機能はおおむね備わっている感じですね。

 

Amazfit Neoに足りない機能・デメリット

ここまで「Amazfit Neo」の機能について解説してきましたが、基本的な性能面では合格!

かなり良いという事が分かってもらえたかと思います。

ただ、足りない機能も知っておかないと、買ったときにこれがダメなんだよねって落胆することもありますよね。

ってことで、足りない点をまとめました。

注意ポイント

  • バイブ機能がない
  • GPS機能がない
  • 画面がモノクロである

スマホの通知機能をスマートウォッチにすべて転送して、スマホ自体は音がならないように設定している人にとっては、バイブ機能必須です。

しかし、普通の時計として利用したいのであれば、そこまで気にならないかな・・・。

じりーさん
私の場合は、普段遣いにはこの点がデメリットだと感じます。

このバイブ機能がついていないという点は絶対的なデメリット。ここから説明する部分は、特になくても困らない機能なのではないかなと思いながら説明します。

まずは、GPS機能がない。

GPSを売りにしているスマートウォッチもありますが、私個人的には必須ではありません。

何故なら、スマホにGPSがついているから。本格的なトレーニングをされている人も多いので、ランニングをするときに、スマホを持ってするという人が多いかと思います。スマホを持っていれば、トレーニングの記録はスマホのGPSを使って行えます。スマホを持たずにランニングするときは、スマートウォッチのGPSが必要になるというわけです。

じりーさん
普段からスマホを持ちながら活動するのでいらないというわけです。

反対にスマホを持たずにトレーニングする人には、不向きですね。

 

続いて、画面がモノクロという点。

チープカシオの良さはそのレトロ感。

レトロなところがいいのであって、きれいな液晶が良ければ、別のスマートウォッチが選択肢になるのではないかと思います。

じりーさん
常時オンディスプレイで見やすい点が勝っていますね。

 

口コミやSNS上の評判は?

じりーさん
シンプルでチープカシオ似のスマートウォッチに評判はかなり良いみたいですね。

 

まとめ

チープカシオ似のスマートウォッチ「Amazfit Neo」の評判をお伝えしました。

常時点灯ディスプレイの良さ、チープカシオ似のデザイン、基本的なスマートウォッチとしての機能など魅力が満載です。価格も良心的なので、初めてのスマートウォッチにも最適な一つですね。

低価格帯のスマートウォッチでAmazfit BipSもあります。

【Amazfit Bip】 半年利用してみたレビュー LITEとどっちを 買えばいいのか
【Amazfit Bip S 半年使用レビュー】BipSとLITEとの違いは?どっちを買えばいい?

高コスパスマートウォッチとして人気のAmazfit Bipを購入して使ってみた感想をお伝えしたいと思います。 実際に、安いし、性能がいいので、日常使いにはもってこいでした。 特に、BipSとLITEで ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

-Amazon活用術, ライフスタイル
-,

© 2022 じりさんブログ