Amazon活用術

本を聴くサービス「Audible(オーディブル)の使い方・感想を徹底解説」

Amazonで本を読むサービスはAmazonのプライムリーディングやkindleストアで購入する方法があります。

では、本を音楽を聴くように聴くことができるサービスをご存知ですか?

AmazonのサービスでAudible(オーディブル)がそうなのです。オーディブルは、月々定額制で本を音楽の様に聴くサービスを体験することができます。今回はAudible(オーディブル)を使ってみて、出来ること・感想・メリット・おススメ本を紹介します。

 

Audible(オーディブル)とは

本を聴くサービスという新しい分野のサービスです。本は読む時代から聴く時代へとなったわけです。

サービスの概要は

・月額利用料金1500円

・好きなタイトルを毎月付与される「コイン」で購入
・購入したタイトルは解約後も利用可能
・追加でタイトル購入する場合、30%OFF
・読みかけの本は交換可能
・追加料金なしで楽しめるコンテンツ有り

月額の利用料金は1500円で、毎月コインが付与されます。このコインを使って好きな本を購入することができます。つまり、毎月1冊は月額利用料金内で購入することができます。コインを使い切った場合も、追加で好きなタイトルを購入することができます。その場合は、なんと30%オフで購入できるのでお得というわけです。

 

本を聴くという事とは

Audible(オーディブル)は、本を聴くというサービスです。

本を聴くと言うとよくわからないかもしれませんが、プロの朗読を聴くと言えばよくわかるのではないでしょうか。

さも、朗読会に参加しているように、物語を聴くことができます。

Audible(オーディブル)の真価は、「ながら読み」にあります。

家事をしながら

運転をしながら

寝ながら

お風呂に入りながら

通勤しながら

色々なことをしながら、本を読むということができます。従来、本を読むには、目と手が必要であり、何かをやりながら読むということは不可能でした。それを可能にしたのが、この本を聴くサービスAudible(オーディブル)なのです。

本を聴くというメリットは2つあります。

1つ目は「本の世界に入り込めること」

自分のリラックスした時間に、瞳を閉じながら音楽を聴くように聴くと、そこにはさも自分がその物語の真ん中にいるように情景が浮かんできます。読むとなかなか理解できない事柄でも、プロの朗読を聴くと違います。想像力が膨らみやすいのです。

2つ目は「効率よく読めること」

ながら読みの真骨頂はこの、何かの物事をやりながら聴くことができること。普段の生活で、やらないといけないことが多くあります。その時間を使って読みたかった本を聴く。家事の時間に、通勤の時間に、普段読むことのできなかった時間を使って、本を聴くことができるのは、効率がアップすること間違いないですよね。

30日間無料でオーディブルを試す

 

Audible(オーディブル)の使い方

Audible(オーディブル)始め方

まずは、オーディブルの無料お試し登録から始めましょう。

こちらのサイトから確認してくださいね。

続いてアプリのダウンロードです。

アプリは、android、iOS、Windows10に対応しております。

アプリをダウンロードして開始したら、会員登録です。

会員登録には、Amazonのアカウント情報が必要です。アカウント登録がまだでしたら、登録して開始しましょう。その際に、クレジットカードの情報が必要ですので、ご用意ください。ここまで出来たらあとは好きな本を選んで聴くことができますよ。

アプリのダウンロードついて

アンドロイドはこちら。

Audible (オーディブル) - 本を聴こう - Google Play

iOSはこちら。

Audible (オーディブル) - 本を聴こう App Store

 

Audible(オーディブル)の機能

オーディブルのアプリ画面

オーディブルを起動すると、このような画面になっております。

右上に買い物カートのマークがありますので、ここを選択して、好きな本を買うことができます。

なお、無料期間でも付与されるコインを使って買うこともできます。これはオトク!!

 

オーディブルの機能

・端末へのダウンロード

・スリープタイマー機能

・早送り、巻き戻し機能

・再生速度変更(0.5倍速~3倍速)

・目次

・ブックマーク

再生画面はこのようになります↓

オーディブルの再生画面

 

端末へのダウンロード

再生は、端末へダウンロードをして行います。ストリーミング再生の様に常にデータ使用量を気にする必要はありませんね。ただし、ダウンロードする際にはWi-Fi利用をお勧めします。

 

スリープタイマー機能

スリープタイマーのボタンを押すと、タイマーが起動します。

  • 5分
  • 10分
  • 15分
  • 30分
  • 45分
  • 60分
  • 章の終わり
  • ファイルの終わり

各種の指定タイマーをセットできます。任意時間が決めることができないのは難点ですが、章の終わりなどと区切りでやめることができるので、寝ながら聴くのには適した内容でしょう。

 

早送り、巻き戻し機能

早送り・巻き戻しの機能は、

  • 30秒毎
  • 章の始まり・終わりまで

以上のパターンをタップ一つで早送り・巻き戻しできます。また、再生のバーをタップすることで任意の時間まで移動もできます。

 

再生速度変更(0.5倍速~3倍速)

再生速度は、0.5倍速~3倍速までの任意のパターンを0.05倍速単位で変更できます。さすがに3倍速になれば、何を言っているのかわからないレベルだが、2倍速までなら聞き取れるので、早く読みたい場合には、最適だと考えます。

個人的にベストは1.2倍速!

速いし、聞き取りやすいし、ちょうどよいバランスです。

 

目次

目次機能があります。

好きな章へ移動するために、目次ごとに分かれているのが良いですね。振り返るのにも使えます。

 

ブックマーク

好きな場所へブックマークできます。しおりと一緒の機能ですね。

なお、再生が途中で中断した場合、再開するときに中断した場所から再生されるので安心して聴くことができます。

 

30日間無料でオーディブルを試す

 

無料のコンテンツがある

コイン制のため、使い切った場合は、必然的に購入という選択肢になりますが、追加料金なしで楽しめるコンテンツもあります。

  • 放送室(ラジオ番組)
  • 20分で聴けるビジネス書
  • ワールドニュース(英語)
  • ジャパンニュース(英語)
  • 文学チャンネル
  • yogaチャンネル
  • メディテーション(瞑想用コンテンツ)
  • 短編文学
  • 落語

これだけのコンテンツが追加料金なしで楽しめます。毎月内容に変化があり、このコンテンツだけでも十分に楽しむことができます。

 

解約後に聞ける!!

購入した本は、解約後も利用可能で、買い取り形式です。

よくある使い放題のサービスでは、解約後は利用できないものが多いものです。このオーディブルでは、好きな商品を買うという形式をとっております。

月に1枚のコイン付与があり、このコインを使って本を購入するので、月額利用料金内では、月に1冊しか本を購入できなくなっております。

しかし、読みかけの本でも、気に入らなければ交換が可能という試し読みのサービスもあり。買って損をしたと思うことがないいう点がうれしいですね。また、使わなかったコインは毎月持ち越しでき、6か月間は有効となっております。聴く時間が取れない場合でも安心できます。

 

Audible(オーディブル)をパソコンで使う

オーディブルはパソコンで聴くことができます!

以前までは、スマホのアプリのみ対応しておりましたが、新しくパソコンでも聴くことができるようになっております。パソコンで聴くことができないとの情報が出回っておりますが、古い情報ですので注意してください。

パソコンでアプリを起動すると、本を選ぶ時に見やすいです。機能自体は全く一緒ですが、パソコンという大画面なので、使いやすさの面でメリットがあります。アカウントは共有できるので、お出かけ時はスマホ、帰宅したらパソコンで本を聴くことができます。

 

スマホと同様にまずこちらから無料会員登録が必要です→オーディブルのサイト

Windows10でアプリをダウンロード↓

オーディブルのアプリをWindowsでダウンロードする

 

聴く本のおススメは⁉

私は普段ビジネス系の本を読むことが多いのですが、オーディブルに関してはあまり利用しておりません。

本を聴くという性質上、個人的に自己啓発系のものやビジネス系はどうしても頭に入りにくいからです。ビジネス本ならおススメはいっぱい出てくるのですが、今回は本を聴くという観点で本をお勧めしていこうと思います。

 

京セラとKDDIを創業し、JALの経営再建を成し遂げた稲盛和夫。その成功の礎となった経営の実践哲学を学ぶことができます。 夢を描き、どう実現していくのか、人として大切なことはなにかと学びの多い本です。

 

第145回直木賞受賞作。有名な本ですね。ドラマにもなっていましたね。ロケットエンジンの開発という夢を諦めなかった男と工場の物語。「働く」とはどういうことか、「幸せ」とはどういうことかを考えさせられる本です。

 

映画で有名な作品で、映画のストーリー通りです。映像作品としてかなり評価が高いのですが、オーディブルで聴くという点において良さを感じました。そうか、本を聴くのってこういうことなのかと感じられると思います。ナレーションの良さ、セリフの使い分け、ストーリーへの引き込み方が素晴らしい作品です。

 

まとめ

Audible(オーディブル)とは月額1500円で本を聴くサービスを楽しむことができる新しいサービスです。

本を聴くという人の声でしか伝えられないメリットは一度試してみる価値があると思います。

30日は無料お試し期間があり、さらに一度読んだ本はそのまま手に入るので、それだけでも試してみる価値があるのではないでしょうか。

ぜひ、本を聴くという新しい世界へ飛び込んでください。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-Amazon活用術
-, , , , ,

Copyright© じりさんブログ , 2019 All Rights Reserved.