docomoユーザー向け dポイント関連 歩いておトク

dヘルスケアパックにムーブバンドは必要⁉着けないとポイントで損する⁉

投稿日:

dヘルスケアパックとムーブバンドはdポイント獲得に大きな関係性を持っているます。

私が先日ムーブバンドを落としてしまったことで、dポイント獲得数がかなり少なくなってしまいました。そこで今回は、dヘルスケアパックを利用するとき、ムーブバンドがどれくらいdポイント獲得に関係しているか検証してみました。

ムーヴバンドが必要な人と必要でない人?

ムーヴバンドはdヘルスケアパックの歩数計機能を利用して、dポイントがお得に獲得できるdポイント倍増アイテムです。

created by Rinker
ドコモ・ヘルスケア
¥14,137 (2019/09/11 17:27:23時点 Amazon調べ-詳細)

dヘルスケアパックには、歩いておトクとdヘルスケアアプリの2つのアプリによって、歩いた歩数によるdポイント獲得ができます。2つとも獲得できるので、2重取りができるというわけです。

歩いておトクは歩数で

dヘルスケアアプリは1日決まった歩数で

ポイントが獲得できるので、歩いたほどお得にdポイントが獲得できるというわけです。

歩いた歩数の計測は

  • スマホ
  • ムーヴバンド

2つのパターンで計測できます。これによって、ムーヴバンドが必要な人が決まります。

ポイント

必要な人:歩くときにスマホを持っていない。(例)仕事中はスマホはロッカーに入れている等

必要でない人:スマホを歩くときは絶対に持っている。(例)家の中でも常にポケットに入っている

アヒル
私の様に、仕事中に歩くことが多く、しかもスマホは持っていない場合はムーヴバンドが必要ですね。

 

dポイントをどれくらい損するのか

私は、仕事中にムーヴバンドを身に着けることで、ポイント獲得数を増やしておりました。

ところが、ある時、紛失をしたために、該当期間がポイント付与数がかなり限定されました。

では、一体どれくらいのdポイントを損することになってしまったのでしょうか。

 

歩いた歩数の変化

同じような生活習慣で、1週間の比較になります。

  • ムーヴバンドをつけていない:1日平均4316歩
  • ムーヴバンドをつけている:1日平均10809歩
やっぱり全然違いますよね。
カエル
アヒル
全然違いました。スマホを持って歩いていないときが多いのですが、ここまで開きがでるとは考えてませんでした。
カエル
1日の歩数が6500歩くらい違うけど、dポイントにどれくらい影響するの?
アヒル
では、調べてみましょう
  • 1日10800歩で、1か月(31日計算)で334800歩
  • 1日4300歩で、1か月(31日計算)で133300歩

以上の歩数で、歩いておトクと、dヘルスケアアプリで差異を計算してみます。

 

歩いておトクに関して

歩いておトクは、歩数に合わせてプレゼントボックスを獲得することで、dポイントを獲得することができます。

プレゼントボックスを獲得するまでに要するのは平均5000歩程度です。

また、プレゼントボックス1つあたりの獲得dポイントは4Pです。(リニューアル後)

また、ツアー完了ごとにムーヴバンドを持っている場合1つプレゼントボックスが付与されます。

1か月で獲得できるプレゼントボックスの数の差は

  • ムーヴバンドあり:80.352個
  • ムーヴバンドなし:26.66個

平均4Pとすると

  • ムーヴバンドあり:321.4ポイント
  • ムーヴバンドなし:106.6ポイント

1か月の差異は214.7ポイントでした。

 

dヘルスケアアプリに関して

dヘルスケアアプリは、1日のミッションクリアに応じてポイントが付与されます。

毎日ミッションの中には、歩いた歩数に応じてポイント付与となります。

ミッションは、6000歩、5000歩、2500歩など。

1回あたり獲得できるポイントは平均3P

ミッションは毎日変わるため、少ない歩数のミッションが出るとは限らないです。月に数回程度でしょう。

仮に月に2回とした場合のポイント獲得数の違いは

  • ムーヴバンドあり:93ポイント
  • ムーヴバンドなし:6ポイント

その差は、87ポイント。

 

月にどれくらい差が出る?

歩いておトクの差は214ポイント

dヘルスケアアプリの差は87ポイント

合計すると301ポイント。

月にすると300ポイントも変わるのですね。
カエル
アヒル
思ったより差が出ましたね。

 

1年継続するとどれくらい変わる?

1か月では、300ポイントも変わります。

では、1年継続すると・・・

なんと

3600ポイント!

ムーブバンドは1万円程度なので、3年ほど継続して利用できたら、十分元は取れますね。

中古だと安く販売されているので、こっちもアリです。

 

まとめ

dヘルスケアアプリはムーヴバンドがあるのとないのでは、dポイントの獲得数が異なります。

私の様に、普段スマホを持たずに仕事をしている場合は、歩数があまり増えないので、ムーヴバンドがないとかなり損をすることになります。

健康管理をする目的だけなら、他の活動量計の方が十分性能が良いものが揃っているため、そちらを使う方が良いです。

もし、dポイントをより多く獲得しつつ、健康管理をしたいなら、必須だという事が分かってもらえたかと思います。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-docomoユーザー向け, dポイント関連, 歩いておトク

Copyright© じりさんブログ , 2019 All Rights Reserved.