コンビニのすすめ

コンビニスムージーのおすすめは?効果や野菜ジュースとの違いも解説

更新日:

こんにちは、じりーさんです。

女性の定番ドリンクとなっているスムージーは手軽に野菜を取れるとしてとっても人気になっております。自分で作る家電も多く発売されておりますが、今回は、コンビニでお手軽に手に入るスムージーとはどんなものなのか。美味しい商品を紹介します。

 

野菜ジュースとスムージーの違い

スムージーとは、言葉の意味だけをとらえると、凍らせた野菜や果物のシャーベットという意味になります。野菜や果物をミキサーで作った飲み物事を指すのですね。

両者とも「野菜・果物」から作られる飲み物という印象ですが、違いは使用される野菜類に違いがあります。

  • 野菜ジュースはでんぷん質の高いニンジンやカボチャも含まれる
  • スムージーは小松菜やホウレンソウなどの葉野菜を多く利用される

問う事になります。食材の種類などで健康志向が強いのはスムージーということになります。

 

スムージーの飲みやすさ

コンビニで売っているスムージーはどれも飲みやすいって事が人気の理由だと思います。野菜ジュースだと、甘さや野菜感が強くて苦手な人も多いと思いますが、スムージーは比較的飲みやすいものが多いですね。

野菜ジュースとの違いは、食物繊維が多い事。

スムージーには食物繊維が多い事から、飲むときに、トロトロ・ざらざらした感じがします。野菜を丸ごと食べている印象で飲みごたえがありますね。

野菜ジュースはこの食物繊維がなく、さらさらした感じの飲み口になっております。飲み口の違いがありますので、好みは分かれますが、野菜の味わいを感じられるのは野菜ジュースということでしょう。

 

栄養価の違い

野菜ジュースで摂りやすい栄養素はおもに「ビタミンA」「βカロテン」「カリウム」「カルシウム」「ビタミンE」です。スムージーに含まれる「ビタミンC」と「食物繊維」はほとんど摂れないのです。それは、野菜ジュースの製法にあります。

野菜ジュースは、加熱して作っているため、熱に弱いビタミン類が壊れてしまいます。さらに、飲みやすさを追求しているため、ろ過しています。このろ過の工程で食物繊維が取り除かれています。

反対にスムージーは、野菜や果物と水をミキサーなどを使って砕いて飲みやすくしたのものです。そのため、熱に弱いビタミンや、食物繊維がたっぷりと含まれているのがスムージーというわけです。

 

飲むタイミングは⁉効果的に飲むためには

置き換えダイエットに特に有効と言われているスムージーですが、今定着しつつあるのが、「スムージーを朝ごはん代わりに」という認識です。ですが、最近では朝に冷たいスムージーを飲むと胃腸に悪く、冷やしては良くないという話や、美容に良くないという話が上がってきています。

どれも根拠はありませんが、一日の栄養分をこれだけで摂取することはできませんので、スムージーだけで済ますことはやめて、食事の補助と言う形をお勧めしております。

  • 野菜が足りていない時
  • 食事が物足りないなと言うとき
  • 小腹が空いたとき

などに、飲むとよいのではないでしょうか。

飲み過ぎると糖分の摂り過ぎや栄養の偏りから栄養過多になってしまう場合もありますので、注意が必要ですね。

飲むタイミングで一番お勧めは「食事の前」です。

ベジファーストの言葉も流行っておりますが、野菜を食事の最初に取り入れることで、血糖値の上昇を抑えて、ダイエット効果があることがわかっております。食事はまず野菜から。

さらに、栄養価の効率的に吸収をしようと思うと、空腹時の方が、吸収率もあがっており、栄養素を効率的に取り込むことができるでしょう。

コンビニは手軽なので、ちょっとしたタイミングで食事の補助として活用してみてはいかがでしょうか。

 

コンビニスムージーのオススメ

コンビニでは手軽に購入することができるので、コンビニスムージーも欲しいときに取り入れることができてお勧め。しかも、野菜だけでなく、果物を使って物が多くあり、かなり美味しい。カロリーオフのタイプのものや、豆乳を使ったものもあり、幅も広いですよ。

ここでは、じりーさんのおすすめコンビニスムージーを紹介します。特に、ローソンのものが数も多く、種類もあるため、おすすめしております。

 

ローソン「グリーンスムージーOff&Plus」

このグリーンスムージーの何がよいかと言いますと、カロリーがかなり控えめ。

その数値なんと39キロカロリー。

とっても低くないですか?通常のものの半分以下です。栄養素はしっかりと取れるので、カロリーオフでしかも栄養満点って嬉しい事いっぱいのスムージーです。

原材料は、ケール、さつまいも、にんじん、こまつな、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、みつば、リンゴ、キウイフルーツ、レモン

と種類もたっぷりと1食分の野菜が含まれています。食物繊維は6.4g。一日の摂取量の1/3程度は摂取できますね。

飲み口は、果物が入っているので、青臭さがなく、美味しいです。カロリーオフの商品とは思えないくらいの飲みやすさです。爽快な飲み口で、飲みごたえもたっぷりの商品です。

 

ローソン「豆乳スムージーフルーツミックス」

こちらの商品は通常のスムージーではなく、豆乳入り。

豆乳でできていることで、飲み口がクリーミーになっており、フルーツがたっぷりと入っている美味しさです。豆乳が苦手な人もいると思いますが、豆乳臭さは少ないので、これだったら飲めるって方もおおいのではないでしょうか。

グリーンスムージーというよりは、豆乳とフルーツのミックスジュースと言った印象の味わいです。

原材料は、りんご、ばなな、オレンジ、パインアップル、レモン、もも、大豆です。

飲みやすさ抜群のこの豆乳スムージーは、イソフラボンを摂取することができるのが特徴です。イソフラボンは

  • 抗酸化効果
  • がん予防
  • 糖尿病予防
  • 生活習慣病予防
  • 美肌効果

など様々な効果があります。飲みやすく、ビタミンなどの栄養も摂取出来て、さらに大豆イソフラボンも同時に摂取できるので、嬉しいですよね。

 

セブンイレブン「グリーンスムージー」

セブンイレブンのスムージーは15種類の野菜を手軽に摂れる、飲みやすいスムージーということで、野菜の種類が豊富に含まれています。砂糖、着色料、甘味料、増粘剤を使っていないということが嬉しいですね。

 

ファミマ「サラダスムージー」

35種類の野菜と果実を使用したグリーンスムージーです。特に、豆から生まれた食物繊維「サンファイバー」はこのファミマならではの商品です。食物繊維をしっかりと摂取できるのは嬉しいですね。

 

まとめ

スムージーは野菜ジュースと比較すると

  • ビタミン類が多く含まれている
  • 食物繊維が多い
  • 野菜や果物が入っており飲みやすい
  • 置き換えダイエットなど効果がある
  • 1食分に含まれる野菜量が入っている商品もある

などの、飲みやすさに加えて栄養素の摂取部分で、特に食物繊維を摂取できることは大きな特徴と言えます。ただ必要な栄養を摂るだけなら野菜ジュースでも良いですが、食物繊維も必要だという方は、スムージーを選ぶ必要があります。

特に、コンビニのスムージーは手軽に摂取できるので、利用されている方も多いとは思いますが、完全置き換えダイエットも可能でしょうが、できるなら、食事にplusして美味しく健康になることが良いと思いますよ。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-コンビニのすすめ
-, , , ,

Copyright© じりさんブログ , 2019 All Rights Reserved.