ライフスタイル

【ハンドクラップ】室内ダイエットにお勧めの厳選アイテム4選

室内ダイエットで10キロ痩せる動画として有名になったハンドクラップダンス。

チャレンジした人も多いかと思います。(私もその一人です)

そんなハンドクラップでダイエットを目指す時に、必須といっていいほど必要なお勧めアイテムを紹介します。

ハンドクラップとはどんな動画?効果は?

ハンドクラップは、2週間で10キロ痩せるダンスとして、韓国人ユーチューバーのJosh(ジョシィ)さん、とBamui(バミィ)さんがYouTube上で公開したエクササイズです。

これがやってみるとめちゃくちゃしんどいんです。

じりーさん
初めてやった時は、1回目でダウンしそうでした。

1回が3分と短く、誰でもすぐに習得できるダンスレベルで楽しくダイエットをすることができます。

この動画を見てわかる通り、プロのダンサーでもめちゃくちゃしんどそうです。これを30分間毎日やったら10キロなんて簡単に落ちそうですね。

効果のポイントは

  • 腕を動かすので、二の腕や肩
  • ウエストひねり動作によるシェイプアップ
  • 左右に跳ねるので、足の特にふくらはぎ
  • 肩こり

実際にやってみて筋肉痛になる部位を上げてみました。

特に、ウエストの横腹と後ろ側がめちゃくちゃになります。バキバキ。

あとは、何気に肩こりに効く。これは私の体験談です。手を上に挙げて動かす動作が大きくあるので、これでダイエット効果だけでなく、肩の柔軟性や血行がよくなり、肩こりに効くと判断しています。

 

賃貸必須、防音対策「床マット」

特に賃貸マンションなどにお住いの方は気を付けないといけないのが、騒音対策です。やっぱり、飛んだり跳ねたり楽しくやる運動なので、音が出るのは当然です。

そこで、このマットが必要というわけ。

騒音防止のマットがあることで、ジャンプしてもある程度、音の広がりを防いでくれます。ただし、全力でやった場合は、やっぱり響きますので、ちょっと注意しながらエクササイズをすると良いでしょう。

選ぶポイント

  • ズレ防止がある
  • 広めの範囲をカバー

普通の家庭用のマットは、激しい運動をすると、ズレてコケる危険性があります。本当に危ないので、ズレ防止がついているものを選ぶこと。そして、横動きがあるので、広めの範囲をカバーしてくれるものが良いです。連結系のマットであれば、好きな大きさに出来るので多くの人に合います。

 

足が痛くならない「シューズ」

これ絶対必要!

室内で運動するときに、はだしでする人も多いと思いますが、まず足が痛くなって挫折します。特に、ハンドクラップの様な激しい運動をする場合は、特にです。

上記の騒音対策と一緒で、足が痛くならないために、必ず買っておいた方が良いアイテムです。

選ぶポイント

  • 超軽量のもの
  • 足にフィットする
  • 室内用のものであればなおOK

やはり、室外で利用するものとは違います。かなり足にフィットするもので、超軽量の物が良いです。室内にいて、運動をするときに履くものなので、クッション性より機動性を重視しましょう。Amazonで売っている物なら、試し履きすることも出来る物が多いのでお勧めです。

 

ウエストシェイプアップ効果大「ベルト」

運動効果を高めるという意味合いが強いのがこのシェイプアップベルト。

特にハンドクラップはウエストに効く動作が多くあり、ウエストのシェイプアップに効果絶大です。着けて運動するだけでかなりのシェイプアップに期待が出来ます。

検証した結果の内容はコチラ

フィットボクシング結果報告3「体重と比べてウエストに効果が⁉〇cm減った」

選ぶポイント

  • 動きやすさ
  • 発汗作用
  • 腰痛対策

動きやすいというのが一番のポイントです。どれだけ発汗作用があっても、動きを制限されてはあまりうまく使うことが出来ません。ベルトは発汗と同時に加圧の機能があるので、ただ付けているだけで通常以上の効果は十分に発揮できるはずです。

腰痛を持っている人は、腰が固定されるものもあるので、そちらを選ぶこともできます。

 

チャレンジを記録する「活動量計」

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥17,072 (2020/07/27 13:47:47時点 Amazon調べ-詳細)

運動量を記録してくれるのが活動量計。

今ではスマホのアプリでもできますが、ポケットに入れてハンドクラップをするほど大変なことはありません。時計型の活動量計を持っていればそれだけでどれくらい運動したのか自動で記録してくれます。

選ぶポイント

  • 価格の違いは正確性
  • 必要な機能に応じて選ぶ
  • 普段使いもできる

価格の違いは計測制度の違いにあります。安い商品も発売されていますが、イマイチ精度に欠けます。大雑把に確認だけしたいというのであれば、廉価版でも構わないでしょう。しかし、欲しい機能が十分に満たされているものが大前提です。

オシャレなものが多いので、普段使いも十分できます。普段使いにするなら、AppleWatchなど少し大きめで機能がしっかりとしている物の方が満足度が高いでしょう。

 

まとめ

ハンドクラップでどれくらい痩せるのか、さすがに2週間で10キロは言い過ぎですが、1か月で5キロならいけそうです。

自宅で、室内で運動で痩せるというのが健康的で良いですよね。

ぜひ、楽しみながらダイエットしましょう。

 

Amazonセールのまとめ

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-ライフスタイル
-,

© 2020 じりさんブログ