Amazon Echo

Amazon Echoを2台連携させてステレオ再生に対応させる方法

Amazon Echoを2台使って、ステレオ再生に対応させる方法を紹介します。

通常Echoは1台でスピーカー機能を有しておりますが、2台連携させることで音を左右に振り分けるステレオ再生ができるようになります。

こんな方におすすめ

  • Echoをステレオ再生したい
  • 設定方法を知りたい
  • 対応機器など注意点を知りたい

Echoのステレオ再生について

AmazonEchoをステレオ再生するには、2台以上のEchoが必要となります。

1台でも音楽を聴くことができますが、2台あることで、音楽を左右に振り分けて、臨場感のある音楽環境を構築できます。

 

ステレオ再生についての注意点

ステレオ再生に対応させるため、注意点が存在します。

注意ポイント

  • 2台以上のEchoが必要
  • 同じタイプのEchoが必要(互換性がないため)
  • Bluetoothスピーカーとしては使えない

互換性のある2つのEchoが必要という点に注意が必要です。

また、Bluetoothスピーカーとしては利用ができないため、手持ちのスマホから音楽を再生するときなどは注意が必要です。

対応機器一覧はコチラ

Echo端末 ペア可能な端末
Echo(第2世代)
  • Echo(第2世代)
  • Echo Sub
Echo(第3世代)
  • Echo(第3世代)
  • Echo Plus(第2世代)
  • Echo Sub
Echo Dot(第3世代)
  • Echo Dot(第3世代)
  • Echo Dot with clock
  • Echo Sub
Echo Dot with clock
  • Echo Dot with clock
  • Echo Dot(第3世代)
  • Echo Sub
Echo Plus(第1世代)
  • Echo Plus(第1世代)
  • Echo Sub
Echo Plus(第2世代)
  • Echo Plus(第2世代)
  • Echo(第3世代)
  • Echo Sub
Echo Show(第2世代)
  • Echo Sub
Echo Show 5
  • Echo Show 5
  • Echo Sub
Echo Studio
  • Echo Studio
  • Echo Sub

私は、別々に買い増ししているため、対応していない機種に当たってしまったという経験があります。音楽環境を整えようと追加で買いたいときは、注意が必要です。

じりーさん
2台で1台無料などのキャンペーンをやっていることがあるので、その時にまとめて買ってしまうのもありですね

キャンペーンの詳細はコチラ

 

Echoをステレオ再生するための設定方法

Echoをステレオ再生に対応させるためには、設定が必要です。

step
1
Alexaアプリを起動する

設定はAlexaアプリから行いますので、アプリを起動します。

 

step
設定メニューを開く

設定メニューを開く→デバイスの設定を選択

ステレオ設定したいデバイスを選択します。(名前を選ぶ)

 

step
ステレオペア/サブウーファーを選択

ステレオペア/サブウーファーの選択を行います。

表示されたデバイス(Echoの名前)の中でペアにしたい2つを選択します。

 

step
左右の振り分け

Echoそれぞれに、右か左かの選択をします。

置き場所によって、左右の振り分けを選択する必要があります。間違えても後で変更できるので、仮決定でも構いません。

 

step
音楽を再生してみよう

設定が完了したので、音楽を再生してみましょう。

再生方法は

じりーさん
アレクサ、○○(設定した名前)で音楽を再生して

○○は設定したときに、決めた名前です。スピーカーグループとして登録されておりますので、わからないときは、Alexaアプリ「デバイス」を選択してみてみましょう。

 

以上で設定が完了します。

とても簡単です。

スポンサーリンク

 

音質は良くなったのか

Echoのスピーカーをステレオにしたことでどれくらい音質が良くなるのかが気になるところです。

体感的には、10段階中で言うと

Echo単体:6

ステレオ:7.5

劇的によくなりましたね!

何より、臨場感がめちゃくちゃ上がります。今までは、1チャンネルだけの再生だったので、左右に振り分けられた2チャンネルから音楽が再生されるので、相乗効果で気分まで上がります。

今まで、Echoの音質に少し不満を抱いていた人は、これでかなり満足できるようになるのではないでしょうか。

 

配置のポイントは?

スピーカーなので、それぞれの配置が重要となりますが、

基本的には自分を中心に前方の右と左に振り分ける方法があります。

ちょうど、テレビのスピーカーの位置ですね。

有線のスピーカーなら、こういった振り分けしかできませんが、

Echoの場合は、Wi-Fiで接続されていますので、コンセントがあれば、全く違う配置も可能となります。

例えば、対角線上

こんな配置もできます。

なお、スピーカーの配置に関しては、左右の音楽がバランスよく聴ける中間地点に自分がいる必要があります。スピーカー二つを並べて置いたり、どちらかのスピーカーに近づいて聴くといった環境はうまく臨場感を楽しめないため、お勧めしません。

じりーさん
バランスよく配置することが大切です。

 

まとめ

Amazon Echoを2台繋いでステレオスピーカーとする設定方法や使い方について説明させていただきました。

世代が異なるEchoなど仕様上対応していない場合がありますので、その点は注意が必要です。また、Bluetoothスピーカーとしては使えません。しかし、Fire TV と連携することで、ホームシアターシステムとすることもできます。

使い道の幅は広いですね。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-Amazon Echo
-, ,

Copyright© じりさんブログ , 2020 All Rights Reserved.