コンビニのすすめ

ローソンセルフレジ化!アプリでスマホレジのやり方と口コミ評価を紹介

 

ローソンがセルフレジ化を全店で導入することになりました。

ますます、コンビニ利用の利便性がアップしますね。自分自身で買い物を済ませることで、レジ前での混雑緩和やローソン側の人材不足も解消されます。私たちも、レジ前で待つことや、いちいちやり取りをすることがなくなり、スムーズな買い物ができますね。

じりーさん
セルフレジのお話、アプリでスマホレジを行うやり方や、感想を紹介します

ローソンのセルフレジ、スマホレジとは?

ローソンでは、セルフレジが全国的に導入されます。

セルフレジとは

セルフレジのポイント

  • 自分で会計ができる
  • キャッシュレス決済可能
  • レジ前の混雑緩和
  • ローソンの人材不足対策

会計をするときに、レジで店員さんの作業を待つ必要がなく、自分のペースで買い物ができます。店員さんがいなくても、勝手に買い物をして帰ってしまう事が出来るというのがポイント。コンビニのレジ前は、お昼時などは大変混雑して、イライラしたことがある人も少なからずいると思います。

混雑緩和と、人材不足緩和という点において、大きなメリットを持っています。

さらに、アプリで買い物ができるスマホレジというものも存在します。

スマホレジのポイント

  • レジで待つ必要がない
  • ストレスフリー
  • スマホ一つで買い物ができる

アプリを使ったスマホレジも存在します。現状利用可能店舗は少ないですが、システムが構築されているので、順次全国展開する可能性が高いです。

 

ローソン利用者の利便性について

セルフレジは、スーパーなど様々な店舗ですでに導入されておりますが、コンビニ利用者にとってはどうでしょうか?

私自身は、コンビニ利用者ほどメリットが大きいと感じます。

スーパーなどのセルフレジは、使ったことがある人は分かると思いますが、少し複雑。いっぱい買い物をするので、バーコードを通したり、袋に入れたり、意外と時間がかかるものです。セルフレジのほうが早いと思ったら、あんまりそうでもなかったりします。

じりーさん
子供は店員さんごっこができて楽しんでおりますが。

スーパーのセルフレジは店側のメリットが大きく、利用者メリットは少ない

コンビニの場合は、スーパーとの特性の違いから、利用者メリットがかなり大きいです!

利用者メリット

  • レジ待ちがなく早い
  • キャッシュレス決済
  • 袋詰めが必要ない場合も

コンビニ利用者は、早さや快適性を好んでいると思います。商品数が少なく、高くてもいいからコンビニでパパっと買い物したいと望む人が多いでしょう。その中、お弁当とお茶など少量の買い物をするために、レジで数分待つこと自体がイライラの対象になったりもします。

少量の買い物なら、セルフレジはめちゃくちゃ早い!

しかも、キャッシュレス決済が前提になっているので、会計もスムーズです。キャッシュレス決済に慣れている人も多いでしょうから安心ですね。

おにぎり一個だけとか、目的の物だけ買う時に、特に利便性を発揮します。

利用者のデメリット

  • システムが分かりづらい
  • 対応している店舗の有無

初期に多くある問題なのが、普及までシステムに慣れておらず、利用し辛いという点。そして、店舗の対応があったりなかったりで利用し辛いという点も懸念材料です。ただし、普及すれば、利用者も慣れるので、問題はなさそうです。

 

アプリでセルフレジ「スマホレジ」を使う方法

アプリでセルフレジが使える「スマホレジ」

 

ローソンのアプリについているスマホレジ機能の使い方は、

step
1
アプリのインストールと支払い方法設定

ローソンスマホレジ使い方カード登録

スマホのアプリをダウンロードして、インストールします。

使える決済方法は、LINEペイ、楽天ペイ、クレジットカードなどがあります。クレジットカードは事前登録が必要なので、登録しちゃいましょう。

 

step
2
店舗を選択して入店

ローソンスマホレジ使い方2

買い物をするを選択すると店舗検索画面になります。

ローソンスマホレジ使い方店舗検索

入店する店舗の近くに行くと自動で検知するのですが、ならない場合は、検索して入店を決めます。

 

step
3
商品のバーコードを読み取り

ローソンスマホレジ使い方3

商品のバーコードを読み取って、かごに入れていきます。

キャンセルも可能なので、やっぱりやめたとかも自由です。

全てのバーコードを読み取ったら、決済を完了します。この時に、決済方法を選択できます。

 

step
4
リーダーにかざして退店

ローソンスマホレジ使い方4

決済が完了すれば、表示されるQRコードを店舗の専用リーダーにかざして退店できます。

 

口コミや感想

じりーさん
簡単というコメントと、手ぶらというのがポイントの様ですね。商品と、スマホを同時にもたなくてはいけませんから、大変!

 

じりーさん
からあげくんなどのフライヤー系もばっちり購入可能です

 

じりーさん
現状ポイント系で紐づけできるのは、ポンタとdポイントですね

 

じりーさん
店舗の作り方から変わっていっています。休憩スペースも広く、使い勝手の良さが際立ちます

まとめ

ローソンはセルフレジ化、さらにスマホレジ化によって、利用者の利便性は急上昇です。

コンビニのメリットである、欲しいものだけを購入することに対して、早いことは、ストレスがかなり軽減されて、慣れると手放せなくなりそうです。

セルフレジ・スマホレジのポイント

  • 自分で決済ができる
  • キャッシュレス決済対応
  • ストレスフリー
  • 人員不足対策

ぜひ、利用してみてくださいね!

 

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-コンビニのすすめ
-, , ,

Copyright© じりさんブログ , 2019 All Rights Reserved.