docomoユーザー向け

注目の新映像サービス「dTVとdTVチャンネルの違いは⁉」様々な疑問も解説します。

更新日:

dTVチャンネルが開始されて、CMも多く放送され、dTVと何が違うのか気になっている人も多いと思います。名前もほとんど似ているし、ドコモの映像配信サービスですし、一体何が違うんだろうという疑問に今回はお答えします。

 

dTVとdTVチャンネルの違い

ここでは、dTVとdTVチャンネルの違いを解説します。

dTVとは

そもそもdTVとはどんな映像配信サービスなのでしょうか。それは

映画・ドラマ・アニメ・音楽が月額500円で見放題の動画配信というサービスです。これだけ聞くと、万能な気がしますが、配信映像に対して、見たい配信動画を自分で選んで視聴するというものです。

つまり、配信動画には、新旧様々なものがあり、最新作品と言うものに関しては、どんな動画配信サービスにも言えますが、比較的少ないことが多いです。その代わり、このdTVだけでしか見ることができない特別ドラマや映像、特集などがあり、圧倒的な作品数を誇ります。

例えば

  • オリジナルドラマ「不能犯」
  • ウォーキングデッド
  • おそ松さん
  • 銀魂ミツバ編
  • 進撃の巨人
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • XーMEN
  • アンパンマン
  • ハンターハンター
  • ブラッククローバー
  • BORUTO(ボルト)

などなど、挙げだしたらキリがありません。これだけでも、面白そうな映像がたくさんありますね。

さらにdTVの特徴として

ダウンロードしていつでも見ることができます。

Wi-Fi環境があれば、一度見たい作品をダウンロードしておいて、どんなときでも見ることができるというのは特に魅力的なものだと思います。

 

dTVチャンネルとは

dTVチャンネルは新しく始まった映像配信サービスで、dTVとはサービス方法が異なります。

専門チャンネルが見放題ということで、dTVと何が違うのかと言いますと、

dTVチャンネルは「リアルタイム動画配信」という事です。

通常のテレビ番組の様に、各専門チャンネルで決まった時間に映像が配信されており、それを視聴するという形になります。24時間各チャンネルに流れている映像を自分で選んでその時間に見るという事です。

リアルタイム配信のため、dTVより最新作品が登場する事も多くあり、専門チャンネルの特色によって面白い番組を見ることができる可能性が高いです。

例えば、このアニマックス。知る人ぞ知る、アニメを見る専門チャンネルといえばこのアニマックス。新旧話題作品が常に配信されております。アニマックススタッフが選んだ作品と言う形で放送されております。

続いて、このソニーチャンネル。90年以上にわたって世界でエンターテイメントをけん引してきたソニーピクチャーズエンターテイメントの作品の中から厳選された作品を放送されます。話題の海外ドラマも最新のものも放送され、ハリウッド映画なども楽しいチャンネルですね。

 

dTVとdTVチャンネルのまとめ

dTVの特徴

  1. 映像配信サービス
  2. いつでもどこでも視聴可
  3. 決まった作品の中から選んで視聴

dTVチャンネルの特徴

  1. 専門チャンネルによる映像放送サービス
  2. いつでもどこでも視聴可
  3. 放送時間が決まっている

ポイントは、豊富な専門チャンネルによる放送形式のため、いつでも希望の作品が見れるかどうかが心配という点。その代わり、最新作品や魅力のある作品の取り扱いが多いのがdTVチャンネル。

豊富な作品数から好きな映像をいつでも見ることができる映像配信がdTV。

 

dTV・dTVチャンネルの疑問解決

テレビで見たいときはどうするの

dTV・dTVチャンネルは動画を視聴するサービスでありますが、携帯端末でのサービスです。つまり、スマホやタブレットで視聴するのが基本スタイルです。

しかし、テレビで大きな画面で見たいというのが本当の気持ちではありませんか?

そこで、登場したのが、ドコモテレビターミナルです。これがあると自宅のテレビでdTVやdTVチャンネルの動画を見ることができます。

ドコモテレビターミナルの魅力解説はこちらから↓

ドコモテレビターミナルについて

 

録画して見ることはできないの?

dTVについて

映像配信サービスですので、気に入った動画はいつでも見ることができます。

録画して見るという形ではありませんが、

ダウンロードを行って見ることができます。一度ダウンロードしたら、いつでも見ることができます。Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨します。

dTVチャンネルについて

専門チャンネルによる放送スタイルのため、現状録画ができないようです。

ただし、見逃し配信機能というものがあり、一部の番組に関しては、後程ゆっくりと見ることができる機能があります。これが録画機能の代わりに利用できそうですね。

 

利用料金について

dTVチャンネルのみの登録の場合

ドコモ利用:月額780円

ドコモ以外:月額1280円

ドコモのサービスですので、ドコモユーザーは優遇されています。有名なスカパーの専門チャンネル基本パックで月額3672円ですから、単体の利用でもとても安いです。dTVチャンネルの専門チャンネルに自分の好みのものがばっちり合えばかなりお得に!!

dTVチャンネルとdTVのセットになるとおトク

ドコモユーザー:月額980円

ドコモ以外:月額1480円

どちらも利用したい人向けは、お得になるセット料金です。

d払いdポイント・ストアポイント・キャッシュバック3重取り

詳しくはコチラ

日本最大級の動画配信サービスU-NEXT


他のVODサービスにない、雑誌読み放題サービス・電子書籍読み放題サービス・音楽配信サービスなどがあり、プライム会員と併用して使うと、飽きることなく利用し続けられるのが最大のメリット。

詳しくはコチラ

 

どこよりも豊富で安い「dTV」


12万作品と月額500円(税抜き)が最高に素晴らしい。動画ライフを限りなく安く済ませたい方は絶対にお勧め!ドコモユーザーなら、支払いや登録など簡単だし、使い勝手が良いのに、安い!

詳しくはコチラ

 

まとめ

dTVもdTVチャンネルもどちらも番組や見たい映像があればかなりおすすめ。特にdTVチャンネルに関しては、専門チャンネルが好きな人には、かなりコスパが良いと思います。

どっちのサービスが良いかと言われますと、

視聴スタイルによるという事です。

ゆっくりレンタルビデオ感覚で動画を見たいという方はdTVですし、リアルタイム配信で毎日楽しみにして過ごしたいという方はdTVチャンネルが合うと思います。

新しい動画配信サービスとしては、かなり面白いです。期待のある新映像サービスですね。

 

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人

じりーさん

じりーさんです。 会社員をしながら、普段の生活で困ったことや気になったことを記事にして、情報共有をしようと思っております。主に、docomo・Amazon・コンビニ・子育てのカテゴリーで色々なことにチャレンジ!!

お勧め記事

1

  Amazonには他人への贈り物として、Amazonで使える商品券を贈ることができる「Amazonギフト」というサービスがあります。 実は、Amazonギフトは自分でも使えるというのをご存 ...

2

  ドコモが運営しているキャッシュゲットモールは、d払いをすると、「dポイント・ストアポイント・キャッシュバック」の3重取りができるサービスだってことをご存知でしたか? 実は、docomoユ ...

-docomoユーザー向け
-, , ,

Copyright© じりさんブログ , 2019 All Rights Reserved.